理学療法士が勝ち組になるための方法5つを大公開|勝ち組になるには期限がある!

  • URLをコピーしました!
  • 理学療法士が勝ち組になるためには?
  • 勝ち組になるために知っておくべきことは?
  • 理学療法士が勝ち組になるには期限がある!

そもそも理学療法士としての勝ち組って何?

こんな疑問を持つ方も多いかと思います。

ここでの勝ち組の定義は、「理学療法士として年収500万円以上収入がある人」とします。

厚生労働省の賃金構図基本統計調査によれば、理学療法士の平均年収は409万6,400円となっているので、年収500万円以上の理学療法士は勝ち組と言って良いでしょう。

本記事では、理学療法士として年収500万円を超える『勝ち組』になるためにどのような方法を取れば良いかを紹介します。

記事の最後の方には、「勝ち組理学療法士になれるのには期限がある」という衝撃的事実についても解説しますので最後まで読んでくださいね。

目次

理学療法士が勝ち組になるためにはどうすれば良いのか?

「全然給料上がらない」

「なんであいつの方が給料多いんだよ…」

「この給料じゃ結婚して子供を育てられない…」

理学療法士が量産され、少ない年収、増えない給料…と悩んでいる理学療法士に伝えたいことがあります。

それは『稼げる場所や環境に移らないと勝ち組にはなれないよ』という事です。

理学療法士として数年働くと、同期がキャリアアップや年収アップのために環境を変えていくのを見て、自分も行動しないとヤバイなと感じてきます。

今の職場で長く勤めていても給料が上がらない未来が見えており、「このまま50歳まで勤務しても年収400万いくかどうか…」「老後も働き続けないと生活できない…」という不安がグルグル頭の中を巡りますよね。

また、年齢を重ねれば重ねるほど身動きが取れなくなっていくことが、言わずもがな、わかっていると思います。

なので、不安で仕方ないのもの無理はありません。

理学療法士が勝ち組になるためには?

しかし、闇雲に職場を変えても絶対に勝ち組になれません。なぜなら、付け焼け刃で探して移った職場なんて、また同じ悩みを抱えて離職を繰り返すだけだから。

考えてみてください。

とてもいい釣り竿を持っているのに魚のいない釣り堀では釣れませんよね。

これと同じで、「給料が低い」「福利厚生や待遇が悪い」と感じているのに、どこで働けば給料が高いのかを知らないと絶対勝ち組になんてなれません。

そう、今の職場にいても勝ち組にはなれないのです。

むしろ、「資格取得や勉強会に参加し頑張っているのに何で…」と努力しても成果に結びつかないので、燃え尽きてそのまま40代、50代と歳を重ね負け組確定パターンの出来上がりです。

理学療法士が勝ち組になるための手順

こんな壊滅的な未来を乗り越えるために大切なことは、たった1つ。

『焦らず、しっかりと情報収集すること』

これだけです。

「何それ?これだけかよ」と思うことなかれ。

実は、「給料を上げたい」「好条件で働きたい」と思って転職する人ほど大概これができてない。

求人情報だけの情報に踊らされてしまい、肝心の昇給額やキャリアモデル(40歳で年収500万円など)に関して情報収集できていない。

「でも、昇給額とかキャリアモデルなんてどうやって調べるの?」

このように感じる方もいるのではないでしょうか。

だから、焦らず情報収集することが大切。

転職サービスを利用すれば、あなた1人では入手することの出来ない情報にアクセスできる。だから、今すぐに転職しなくても転職サービスには登録しておくべき。

自分1人で入手できる情報なんてたかが知れてるし、何より転職の専門家に相談した方が効率よく優良求人を探すことができる。

求人サービスは登録無料。あなたの条件にあった新規求人や転職可能なおすすめ求人がメールで届くから、今は転職できなくても登録しておくべき。

>>

理学療法士が勝ち組になれる働き方5つ

それでは、実際に理学療法士として勝ち組になるための具体的な働き方に関して解説していきます。

理学療法士が勝ち組になれる働き方5つは下記の通りです。

  • 副業
  • 公務員理学療法士
  • 大学院・資格取得
  • 介護老人保健施設の管理職
  • 訪問リハビリ

それでは1ずつ解説します。

勝ち組になるための働き方①:副業

勝ち組になるための働き方1つ目は、副業です。

家庭の事情等で転職が難しい方や自分の得意なスキルを活かして収入Upを図りたい方には、副業がオススメです。

コロナウイルスのパンデミックにより、大企業でも副業解禁の流れとなりました。今の時代、1つのスキルだけに頼って生きていくのはリスクが高いです。

収入源は多いに越したことはありません。

理学療法士も副業を積極的に行い、収入だけでなく様々なスキルを身につけることが大切です。

副業に関しては、「理学療法士の副業禁止はもう古い!バレない方法をFPが解説」で詳しく説明しています。

勝ち組になるための働き方②:公務員理学療法士

勝ち組になるための働き方2つ目は、公務員理学療法士です。

公務員は俸給表で給料が定められていり、経験年数が上がれば年収500万円どころから600万円の大台に乗ります。

デメリットとしては、初任給が低いことや年功序列、副業ができないことがあげられます。また、求人が少なく、狭き門です。

普通にしていれば誰でもエスカレーター式に昇給していき、30代前半で500万を超えることができるでしょう。

また、福利厚生がしっかりしておりリストラされる心配がないのも魅力です。

公務員理学療法士に関しては、「理学療法士が公務員として働いた場合の給料」で詳しく解説しています。

勝ち組になるための働き方③:大学院・資格取得

勝ち組になるための働き方3つ目は、大学院・資格取得です。

大学院や資格取得をすれば、それが給料に反映される施設があります。しかし、ほとんどの病院や施設では給料に反映されないでしょう。

では、なぜ大学院や資格取得が勝ち組になる働き方なのでしょうか?

大学院や資格取得を積極的にすることで、同期や同世代に差をつけ役職につきやすくなるためです。もちろん、大学院や資格取得だけでは役職に就くことは難しいでしょう。

しかし、評価する際に大きなアドバンテージになることは明らかです。また、転職する際にも有利に働きます。

10年前は大学院卒の理学療法士を臨床場面で見かけることは、ほとんどありませんでした。

しかし、今では民間病院でも大学院卒の理学療法士を見る機会は多いです。よく見ると、大学院卒の人の方が管理職に就いていることが多いですよ。

大学院卒や資格取得者が役職につきやすく、勝ち組理学療法士になりやすいのは明白。

あわせて読みたい
理学療法士が呼吸療法認定士の資格を取得・更新し年収Upに繋げる方法 呼吸療法認定士を取得しようと思っているけど年収アップに繋がるの?具体的な取得方法や受験資格が知りたいな。 僕は、更新方法や更新講習会の調べ方が知りたいな。 私...

勝ち組になるための働き方④:介護老人保健施設の管理職

勝ち組になるための働き方4つ目は、介護老人保健施設の管理職になる方法です。

意外と知られてないのですが、介護老人保健施設で管理者になると年収500万円を超えることができます。

ゲイツ

そんなに簡単に管理者になれるの?

こんな声が聞こえてきそうですがなれます。

そもそも、介護老人保健施設は理学療法士の人数が少ないところが多いです。1〜2人職場なんてザラにあります。

実際に私の知人は、老健に転職し入社時点からNO,2で、数ヶ月後に上司が辞めたのですぐに管理職になりました。

日本の労働環境では一度ポストにつくと、余程のことがない限り降格はありません。

なので、介護老人保健施設で管理職につく方法は意外と知られていない勝ち組パターンの1つです。

>>

勝ち組になるための働き方⑤:訪問リハビリ

勝ち組になるための働き方の5つ目は、訪問リハビリです。

ぶっちゃけ、訪問リハビリが最も再現性高く勝ち組になれる方法です。

訪問リハビリは、病院やクリニックに比べ給料が高い傾向にあります。

訪問リハの給料が高い理由

  • 1件あたりの報酬が高い
  • インセンティブがある

国は病院やクリニックでの医療から在宅分野への医療展開を進めています。

高齢者の入院回数を減らし、医療費のひっ迫を少しでも緩和したいためです。

高齢者 医療費
引用:日本経済新聞

上の図のように75歳以上の高齢者一人当たりの医療費は年間92万2,000円もかかっています。

国が在宅分野の報酬単価を上げ入院回数減少に力を入れるのも納得ですね。

もう一点が、インセンティブ

インセンティブ(歩合制)とは、訪問した件数がある一定を超えると超えた件数に対して手当が付く制度です。

例えば、「1ヶ月65件以上から1件に対して4,000円の手当をつけます。」ってイメージです。

努力した分が給与となって帰ってくるのでやる気が上がりますよね。

訪問リハビリは、単価の高さとインセンティブにより誰でも再現性高く、年収500万円以上を稼げる分野です。

訪問リハビリの優良求人が多く集まる転職サービスはこちら。

>>

勝ち組理学療法士になるには期限がある!

おかしら

実は、勝ち組理学療法士になるには期限があるんだ…

おくさん

えっ!

勝ち組理学療法士になれる期限:2026〜2027年

平成31年4月5日に行われた厚生労働省の「医療従事者の需給に関する検討会 第3回 理学療法士・作業療法士需給分科会」において下記のような説明がありました。

PTOT需要と供給
引用:理学療法士・作業療法士の需要推計について

上の図のとおり2026~2027年ごろには、理学療法士の供給が需要を上回り転職や就職をしたくても求人が少ない。もしくは、給料や福利厚生の良い病院や施設の求人票が出回らない可能性があるのです。

考えてみてください。

日本理学療法士協会によれば2021年3月時点で理学療法士の平均年齢は男性で34.8歳女性で33.8歳となっています。あなたの周りを見渡しても、20~30代の若い理学療法士が多いはずです。

つまり、なるべく早いうちに給料が良いもしくは、役職や管理職に就けるところへ異動しなければ一生平社員で低賃金です。

日頃から求人をチェックしておき、条件がいいところがあれば早めに動けるようにしておきましょう。

>>

理学療法士が勝ち組になるための方法5つを大公開:まとめ

理学療法士として勝ち組になるための方法5つに関して解説しました。

理学療法士として働いていく限り、多くの方が平均収入の409万円前後で給与が推移していくことは明らかです。

しかし、適切な分野に異動どすれば年収500万円を超えることは難しいことではありません。

年収300万円と年収500万円では、今だけでなく老後の年金支給額にも大きな差が生まれます。

労働期間の合計収入年金支給額生涯収入
平均年収300万円1億1,100万円約11.8万円1億3,932万円
平均年収500万円1億8,500万円約15.5万円2億2,220万円
年収300万円と年収500万円の差

生涯収入差:8,288万円

*労働期間の合計収入:23〜60歳までの合計で算出

*年金支給額:65歳から受給開始

*寿命は85歳で計算

何度も言いますが、2026年〜2027年が一つのターニングポイントになることは統計データから明なことです。また、転職するにしても35歳を超えると厳しくなります。

理学療法士として、年収を最大化させ生活にゆとりを持たせたいのであれば勝ち組の働き方を実践しましょう。

まずは情報収集から!

>>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次